低体温症について

低体温症について

また普段の生活でも低体温症になってしまう場合も少なくありません。例えば、睡眠薬を服用したりお酒を飲んだ後で寒い環境で就寝をすることによって、偶発性低体温症になってしまうケースが多いです。

 

ですから、特別な環境ではなくても、偶発性低体温症担ってしまう危険性というのは十分にあると考えた方が良いでしょう。このほかにも、体の大部分をやけどしてしまったり、甲状腺や下垂体などといった内分泌系の疾患、低血糖、皮膚病、脳血管障害などで、この偶発性低体温症担ってしまうこともあるのです。

 

低体温症の原因として、長時間寒い環境にいる状態や、体温が寒さによって奪われてしまった状態になることが原因として多いのですが、このほかにも体温調整が正常に行われていなかったり、筋肉などで十分に熱を作り出すことができないことなどが原因になっていることもあります。

 

また、偶発性低体温症の原因としては、上記でも紹介をした薬の服用やお酒を飲んで酔いつぶれる、低血糖や中枢神経障害、飢餓によるエネルギー不足などが挙げられます。35度を下回る体温になってしまった場合、寒冷反応といわれる反応が生じることになります。

 

体温が低下し始めてくると、血管を収縮したり、体を震わせて体温の調節をしようとします。ですが、35度以下に体温が下がってしまうと、カテコラミンといわれる物質が大量に精製されるようになり、血管を狭くして体から熱を逃がさないように使用とします。

 

さらに筋肉が痙攣をして、これによって熱を作り出すことになります。これは人間の体が凍死をしないようにしたり、体の機能を守るための措置になっています。このような体の反応のことを寒冷反応というのです。

 

寒冷反応が生じているということは、体の中の酸素が大量に消費されることになります。ですが、熱を生み出す寮よりも熱が放熱されてしまう量のほうが多くなると、体が震えなくなり、熱を作り出さなくなったことによって、体温が急激に下がることになります。

 

これによって内臓の働きも弱くなってしまうのです。そして、30度以下まで体温が下がってしまうと、心臓に問題が生じてしまって正常に血液を送ることが出来なくなってしまい、心臓の動きが不安定になってしまいます。

 

これによって、不整脈の状態になってしまったり、心室細動が起きてしまいやすくなるのです。さらに呼吸も正常に行うことができなくなってしまって、十分に酸素を吸い込むことができなくなってしまい、体の中の酸素の量も減ってしまいます。

 

これによって、脳が酸欠になってしまって、意識障害になってしまったり、内臓が酸欠の状態に名手、著しく機能を低下してしまうことになるのです。そして、血液中の酸素も減ってしまうことになりますかr、多臓器不全などになってしまって、最悪の場合心臓が止まり死に至ってしまうのです。