体温を上げるサプリメント!冷え性に効く!

体温を上げるサプリメントで冷え性改善

低体温はさまざまな不調の元といわれます。

 

・運動が好きでない
・ホルモンバランスが乱れている
・食事制限ダイエットをしている
・冷たいものをよく食べる
・お風呂はシャワー
・食べ物の好き嫌いがある
・ストレスを感じる

 

これらは低体温の原因になると言われています。さらに、手足が冷える・風邪をひきやすくなった・婦人科系の疾患があるという方は低体温になっているかもしれません。

 

体温を上げるには、へスぺリジンや生姜・高麗人参などが効果的です。このサイトでは、へスぺリジンなどを効率よく摂れるサプリメントをご紹介しています。

 

 

αGヘスペリジンの特徴

αGヘスペリジンは、へスぺリジンの巡りのパワーで体温を上げてくれるサプリメントです。へスぺリジンはみかん生まれのポリフェノール。独自技術で吸収率を3倍に高めた糖転移へスぺリジンと、微細粒子化したナノヘスペレチンのW配合で早く長く効かせます。1日1粒のなかに、みかん30個分もへスぺリジンのパワーが。2〜3ヶ月後から体温の上がりを実感できることでしょう。寒さが苦手、冷えで眠りが浅いというような方におすすめです。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 ヘスペリジン配合

 

さくらの森 美めぐり習慣の特徴

美めぐり習慣は、オーガニック生姜のちからで体温を上げてくれるサプリメントです。生姜のぽかぽか成分、ジンゲロールやガラノラクトン・ショウガオールなどで巡りをよくして体温を上げます。さらに女性に嬉しい鉄分も、1日摂取量の133%である10r配合。鉄分の吸収を助けるビタミンCなどミネラルなどもプラスしています。1日目安5粒。小粒で匂いがなく飲みやすい。冷えも栄養の偏りも気になる方におすすめです。

価格 1,480円
評価 評価4
備考 ヘム鉄100%配合

 

高麗のめぐみの特徴

高麗のめぐみは、Wの高麗人参で体温を上げてくれるサプリメントです。むかしから体によいとされる高麗人参の中でも、希少価値の高い紅参と黒参を使っています。1日目安の2粒のなかに300r配合。美めぐり成分の紅参に、有効成分サポニンたっぷりの滋養の黒参をプラスして巡りをサポート。成分の酸化はプロポリスでガードしています。体温を上げつつ滋養もプラスしたい方におすすめです。

価格 1,980円
評価 評価3
備考 紅参と黒参の2種の高麗人参

 

基礎体温と妊娠の関係

 

妊娠をしたいと考えている人や不妊症の治療をしている人の場合、普段から基礎体温の測定をしているのではないでしょうか?この基礎体温が高くなっている人と低くなっている人のどちらのほうが妊娠をする可能性が高いのか気になっている人もいるのではないでしょうか?しかし、これはどちらのほうが妊娠する可能性が高いのかは一概には言えません。

 

基礎体温が下がってしまっているということは、卵巣や支給などのように妊娠に必要な機能も下がってしまうことになります。そのため、基礎体温が低くても妊娠しにくくなってしまいます。ですので、基礎体温が低めになっているのであれば、基礎体温を高めるように血行促進をするといいとされています。

 

反対に基礎体温が高めになっているということは、体が冷たくなっていないということになります。ですから、妊娠する確率も高くなると考えている人も多いのではないでしょうか?ですが、基礎体温が高ければ妊娠しやすくなるほど単純なものではないのです。

 

そもそも基礎体温というのは、高温期と低温期が存在しており、高温期と低温期の体温差が0.3くらいが望ましいとされています。ですが、この低温期も高くなってしまっていて、温度差がほとんどないという人もいるのです。低温期というのは、卵胞を育てるための時期になっているのですが、この低温期の体温が高くなってしまっていると、卵胞を十分に育てることが出来なくなってしまうと考えられています。

 

卵子や子宮に問題がないのであれば、そこまで問題視する必要はないでしょうが、低温期より体温が高くなってしまっている状態が維持されてしまっていると、卵子を成長しにくくなってしまっている疑いがあります。このような場合は産婦人科で相談をしておいた方が良いでしょう。

 

妊娠をしたいと考えている女性の中には、この基礎体温だけを意識してしまっている人も結構いるのですが、基礎体温だけで妊娠をするかどうかが決まるというわけではなく、基礎体温はあくまでも判断材料の一つです。基礎体温も、普通の体温と同じように、個人差がありますから基礎体温が低いからといって諦めたりしないようにしましょう。

 

基礎体温が低くても、高温期との体温差が0.3度くらいになっているのであれば、妊娠をする可能性は十分にあります。基礎体温でわからないことなどがあるのであれば、自分だけで悩むのではなく、産婦人科で疑問に感じていることや不安に感じていることを相談することをオススメします。

 

体温と睡眠は関係がある?

 

視交叉上核というものが脳に存在しているのですが、この部位というのは体温や体内時計の調節をするだけではなく、睡眠や覚醒などといった現象にも大きく関わっている部位になっています。これによって生体リズムが構成されているのですが、生体リズムは常に一定になっているわけではなく、気温や一日の閑居の変化などによって体の働きのコントロールをしているのです。

 

人間の体の体温というのは、脳の部位の一つである視床下部によって調節されています。この視床下部は体内時計によって、体温を高めたり、反対に下げたりして、体温調節を行っているのです。つまり視交叉上核と視床下部の働きによって、睡眠も体温も調節をしているのです。

 

この睡眠も体温を一定に保つために必要な要素になっていることから、深い関わりを持っているということになります。睡眠というのは、深くなればなるほど、体温も低下をしていきます。そもそも夜になると気温が下がっていくのですが、同じように体温も低くなります。

 

夜というのは、日中と比べると体を活動させることがありません。このほかにも睡眠をとることによって、体温を下げているとされています。就寝をしていない状態でも、夜になると体温は若干低下をしていくのですが、睡眠をとることによって、体温はもっと下がることになるのです。

 

睡眠をすることによって、体温のセットポイントも自動的に下がることになります。これによって、就寝中の代謝は活発にならなくなり、熱も作られにくくなります。そのため、体温は睡眠によって下げられると考えられているのです。ただ、最近は日本人で睡眠障害になっている人が多くなっているといわれており、20歳以上になると5人に1人の割合で睡眠障害になってしまっているといわれています。

 

どうして寝ることができないのかというと、生活環境やストレス、お酒や薬などが弊害になっていることなどが挙げられます。睡眠をしっかり取ることができないということと、体温というのは密接な関係があるのです。冷え性になってしまっている人は、体が冷たくなりすぎてしまっていて、すぐに寝ることが出来ないという人が多いです。

 

このほかにも、更年期の女性の場合は、更年期障害の弊害によって体が火照ってしまって、睡眠の妨げになってしまっているというケースも少なくありません。しっかり睡眠をとりたいのであれば、この体温についてもしっかり知っておくようにした方が良いのです。

 

体温と免疫力の関係

 

体が冷えてしまうということは、人間が本来持っている基礎代謝も下がってしまいますし、血行も悪くなってしまって、十分に血液を送ることが出来なくなってしまいます。例えば、冷えによって、目の下にクマができてしまったり、体がむくむ、息切れ、頭痛、肩こりなどのような症状が出てしまいやすくなってしまいます。

 

暑さを感じやすい人というのは、それだけ代謝が高くなっているのだろうから、冷えになるわけがないと思っている人もいるかもしれません。反対に寒さに弱い人が冷え性になってしまうのだと思っている人もいるでしょう。

 

ですが、暑がりだとしても冷え性になる人もいますし、逆に寒がりでも冷え性にならない人もいるのです。手や足は厚くなっていても、腹部は冷たくなっているのであれば、冷え性と考えていいでしょう。

 

腹部や胸部が冷たくなってしまっている人というのは体の内側の熱が低くなってしまっているということになりますから、冷えになっていると考えることができるのです。

 

冷え性を放置してしまっていると、肩こりなどのような症状に悩みやすくなるだけではなく、自律神経に関する病気やアレルギー疾患、がんなどといった色々な病気を誘発してしまう危険性が高くなってしまいます。

 

ですから、冷え性になってしまっているのであれば、危険な病気になりにくくなるために、冷え性を改善させるようにしていかなくてはなりません。そのためにも、普段から体温が高まりやすくなるように対策をしていく必要があるのです。

 

更新履歴